碧木凛 女子校生の白い手枷と白いお尻と紺のハイソックス



151212aok2.jpg 151212aok3.jpg 151212aok4.jpg 151212aok5.jpg 151212aok6.jpg 151212aok7.jpg 151212aok8.jpg 151212aok9.jpg 151212aok10.jpg


「放課後に、仕込んでください ~おじさんといる方が楽しいし~」


大人しそうな優等生を一度抱いてやったら放課後に毎日家に来るようになった、しかし今日は早いな。
抑圧されていた優等生の欲求は一度開放されたら歯止めが利かないらしい。
学校をサボって来た悪い娘にはお仕置きが必要だ。
まずはスカートを捲るように命令する。
嫌がってる割りには従順に真っ白のパンツを丸見えにした。
ご褒美に咽の奥迄咥える許可を出してやろう。
口の中におじさんの精液をぶちまけられた凛の白いパンツが、まだ一切刺激を与えてもいないのに湿り気を帯びて割れ目がくっきり浮き出ていた。
それを見たおじさんはサディスティックなカリでかチンコが硬くなるのを感じていた。

COMMENT0

LEAVE A COMMENT